ふるさと種子島 > 種子島のイベント写真 > 西之表市スポーツ少年団第39回親子駅伝大会

親子のふれあいと絆を深める大会

平成29年1月22日(日)、西之表市スポーツ少年団第39回親子駅伝大会が、あっぽ〜らんどで行われました。

駅伝大会を通し、相互の親睦と友情を深めるとともに、親子のふれあいと絆を温め、明るく気迫に満ちた青少年の育成を図り、各スポーツ少年団の発展を期する目的で、毎年行われているものです。

あっぽ〜らんど周辺の巡回コース11区間8.22キロで行われました。その親子駅伝大会の模様を写真と動画で掲載しています。

今回の駅伝大会には、22チームの参加があり、359名の親子が出場しています。

親子駅伝大会などの詳しいことについては、西之表市スポーツ少年団、あるいは西之表市役所(0997-22-1111)までお問い合わせてください。

開会式

開会式です。手前は、安納スポーツ少年団です。今回、オープン参加で、11名参加しました。

開会式

開会式です。手前は榕城バレーです。榕城バレーAは、正式、バレーBは、オープン参加です。今回、242名の選手が出場しました。

西之表市スポーツ少年団第39回親子駅伝大会での正式参加で1位となった下西サッカーアンカーの宮城選手です。

開会式での選手宣誓

開会式での選手宣誓です。前回1位となった榕城サッカースポーツ少年団下村選手選手が、一本のタスキに思いを込めて、最後まで一生懸命走ることを誓ってくれました。

現和小学校現和ソフトの準備運動

こちらは、現和小学校現和ソフトの準備運動です。ソフトのほか、バレー、剣道が出場していました。

下西小学校バレーの準備運動

こちらは、下西小学校バレーの準備運動です。そのほか、ソフト、サッカーが出場しています。なお、バレーは、オープン参加です。

スタート1分前の状況

スタート1分前の状況です。前列が正式、後列がオープン参加です。

午前10時にスタート

午前10時にスタートしました。グランドを1周してコースに出ていきます。

下西サッカー宮城選手
先頭は、下西サッカースポーツ少年団高橋選手

スタートして、グランドを一周し、先頭は、下西サッカースポーツ少年団高橋選手です。このあと、あっぽ〜らんど周辺コースに走り抜けていきました。

「たこ」の文字がたくさん描かれた凧

こちらは、第6中継点です。保護者から児童にタスキが手渡されます。写真は、下西バレーです。

1位でゴールしたオープン参加の下西バレー

こちらは、1位でゴールしたオープン参加の下西バレーです。アンカーの有馬さんがゴールしました。

閉会式での表彰

こちらは、閉会式での表彰です。1位でゴールした正式参加の下西サッカーです。表彰状が手渡されました。

下西バレースポーツ少年団喜びの表情

こちらは、下西バレースポーツ少年団です。オープン参加で1位となりました。その喜びの模様です。よく頑張りましたね。

2017年1月22日(日)、種子島の西之表市あっぽ〜らんどで行われた西之表市スポーツ少年団第39回親子駅伝大会の模様をダイジェストで紹介しています。この動画の中には、選手宣誓、出発前の状況、スタート、第6中継点でのタスキ渡し、各アンカーのゴール、表彰、表彰された喜びの声などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島のイベント:西之表市スポーツ少年団第39回親子駅伝大会

2017.1.22〜