牧川の瀬

ふるさと種子島 > 種子島の釣りポイント > 牧川の瀬

中種子市街地から国道58号線を西之表に向うこと約20分で、牧川のこの地に着くことが出来ます。国道から見える瀬ですぐ分かると思います。写真でも分かるとおり、瀬の高さも低いので、あまり時化てくると釣ることができませんので、ご注意ください。また、道路からも近いので、あまり釣果は期待できないかもしれません。しかし、近場ということでたいへん人気のある瀬です。この日ご覧のように釣り人が竿を出していました。

ポイント@ 牧川の瀬

ここの瀬では、フカセで釣るのが一般的です。釣れる魚は、主にクロです。足場はややいいのですが、瀬に高さがないのが難点です。南西の風が吹き満潮にかけて、ほど良くサラシできれば一番条件が整っています。

北西の風だと道糸が横風を受けてしまい、瀬際に引っ掛けてしまいます。この日、波が収まる方向で、それと干潮に近い状態でしたので、難しい釣りだったと思います。

釣り人が立っているやや右から狙っていきます。瀬の間口が左斜め方向になっているので、ウキは自然と左斜め方向に流れていきます。サラシがないと釣果は難しいでしょう。やや時化た日に釣るので、高波に十分気をつけてください。

ほど良くサラシできることが条件

牧川の瀬〜ポイント@
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町牧川海岸
【撮影日】
2009年2月1日/13時27分
【写真情報】
45.4KB/OLYMPUS E-510