大原崎の瀬

ふるさと種子島 > 種子島の釣りポイント > 大原崎の瀬

西之表市街地から県道581号線を北に向かって走ると、国上小学校の前に浦田海水浴場への案内用の看板が右手にあるので、そこを左へそのまんままっすぐ進むと大久保漁港の100メートルくらい手前右側に展望台への道があります。道が少々悪いので注意が必要です。その展望台の下にある瀬です。ちょうど海水浴場の北西側にあたります。釣り場までは急な道になっているので足元に十分注意してください。ここの釣り場は波がないとサラシも出来ないので釣ることはできません。北西の風で3メートルくらいの波になるとほど良くサラシができ、釣果に期待が持てます。ウキが沖の小さな瀬の右側に流れると、入れ食いのチャンスです。干潮から満潮にかけて釣ることが条件です。少々時化のときに釣るので大波に注意してください。したがってよほど慣れていないと危険が伴う釣り場です。

ポイント@ 大原崎の瀬(展望所下)

まず、この瀬では時化の時に釣るので、波の状態には十分気をつけてください。この日、北東の風がやや強く吹いていました。

釣る場所は、写真中央やや左から竿を出します。その真下にコマセと仕掛けは投入します。時化たときは、潮の流れも速いので、足元に撒くのがポイントです。撒いた地点で当たりがきます。

自分が立っている位置から右斜め方向にウキがす〜っと流れていくことが最低の条件です。ちょうど沖の瀬の手前付近が最高です。沈み瀬は見えていません。

とにかく、条件が整うことが必要です。時化すぎの大波にご注意ください。なお、瀬に向かうには、展望所の東側に細い道があります。急勾配もありますが、ロープを掛けているので安心です。

マキエは足元に撒くのがポイント

大原崎の瀬〜ポイント@
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上浦田
【撮影日】
2011年10月29日(土)/11時36分
【写真情報】
28.1KB/Nikon D300+C-PL(W)