梶潟漁港

ふるさと種子島 > 種子島の釣りポイント > 梶潟漁港

梶潟漁港は、南種子町との境界にある地域です。中種子市街地から車で約25分です。県道588号線沿いにある漁港で、付近には釣りもできる瀬もあるので、クロが釣れだす時期になると人気のある釣り場です。梶潟漁港も大きな波消しブロックが入っており、防波堤の先端部がポイントです。釣れる魚も豊富で、クロ、ハチキ、ヒラアジ、シマアジ、イカ、イズスミなどです。

ポイント@ 梶潟漁港付近

写真でも分かると思いますが、防波堤の先端部でクロをフカセで狙っています。少し波があったほうがいい状態かもしれません。この日、次第に波も収まる方向でした。

防波堤だけでなく、手前の瀬でも二人クロを狙っていました。潮も下がっており、難しい釣りだったかもしれません。一般的に東シナ海側で釣るときは、波がないとサラシができません。少し時化たときがポイントです。

手前の瀬の場合、北よりの風が吹くときには、道糸が横風を受けるので釣り辛く、南西の風が吹くときに狙うといいでしょう。あるいは時化の後、風が収まったときも狙い目です。当方もしばらく様子を見ていましたが、皆さん真剣に釣りをしていました。

少し時化たときがポイント

梶潟漁港〜ポイント@
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町岩岡梶潟海岸
【撮影日】
2009年2月1日/12時53分
【写真情報】
30.1KB/OLYMPUS E-510