島間港

ふるさと種子島 > 種子島の釣りポイント > 島間港

南種子町の島間港です。釣り人には人気のある釣り場です。島間港のポイントは、東防波堤、新埠頭西(写真の場所)です。釣れる魚も豊富で、クロ、ハチキ、チヌ、ヒラアジ、シマアジ、サバ、ムロアジ、タイなどです。特に青物が釣れだすと釣り人も多くなります。普段は常時3〜4人です。

ポイント@ 防波堤西側

写真の場所は、島間港西側の先端部です。横幅は短く、縦は長いです。したがって、先端部で釣る人数は10人ぐらいです。付近で波消しブロックを作っています。常時工事をしていますので、十分気をつけてください。

最近、青物はほとんど上がっていませんが、チヌの産卵期になっています。三人とも40センチクラスのチヌを上げていました。写真は中央の釣り人が、二匹目のチヌとのやり取りをしているところです。

当たりがきて2〜3分のやり取りの後、無事タモの中に入れられ、大型のチヌが仕留められました。50センチオーバーです。仕掛けは、サビキ有、ハリス2.5号の団子餌です。見ている間にチヌが二匹あがりました。

人気のある西側の防波堤先端部

島間港〜当たりが来た!!〜ポイント@
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町島間港
【撮影日】
2009年2月1日/12時29分
【写真情報】
31.9KB/OLYMPUS E-510

釣上げられた大型のチヌ

写真でも分かると思いますが、白子、卵で腹が膨れているのが分かると思います。ちょうど産卵期を迎えています。これから島間港ではチヌも期待できるでしょう。

ところで、手前の釣り人の仕掛けを見せていただきましたところ、サビキも丁寧にそして上手に作っていました。もう何十年も手作りで、仕掛けを作っているとのこと。釣れたときは喜びも大きいのでしょう。

産卵期を迎えた大型のチヌ

島間港〜大型のチヌ
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町島間港
【撮影日】
2009年2月1日/12時31分
【写真情報】
37.8KB/OLYMPUS E-510