牛野トヨ女顕彰碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 南種子町の記念碑 > 牛野トヨ女顕彰碑

牛野トヨ女に関する碑

牛野トヨ女顕彰碑
【撮影場所】
鹿児島県南種子町西海牛野
【撮影日時】
2007年7月1日/11時13分

 牛野から杭凪に通じる農免道路沿いに、記念碑が建立されています。記念碑には、碑文のほか献歌も添えられてあります。記念碑には次のような碑文が刻まれています。

 碑文
    牛野トヨ女顕彰碑
たらちねの 母子草にはあらねども
露?めぐむ 授子のはな
田上青山
献歌
とこしえにトヨ女の功いませかし
このまほろばの授子の地に

明治初年この地で夫喜作と塩焚きを営んでいた牛野トヨ女は三人の子供を抱えながら病身の夫婦に生まれた乳呑み児を預かり学齢期まで育てたのち両親に返した。国じゅうが貧窮にあえぐなかトヨ女の功徳は多くの人々の心を動かし時の県令もこれを賞した。
トヨ女の人間愛と誠実を郷土の誇りとして長く未来に語り継ぐためここに碑を建立する。
  2002年8月
     牛野トヨ女顕彰碑建立委員会
             牛野公民館 建立
             牛野家親族一同

 碑文は以上です。文章の中で?は判読できない字です。なお、文字によっては読み違いがあるかもしれません。