南種子町立西野中学校跡

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 南種子町の記念碑 > 南種子町立西野中学校跡

西野中学校閉校に関する碑

南種子町立西野中学校跡
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町西之平野
【撮影日時】
2008年9月21日/11時10分

 平成6年4月1日より、南種子町内の中学校が統合され、南種子中学校が開校したのに伴い、西野中学校は閉校されました。西野小学校の東側に位置しています。記念碑は、正門の左に建立されており、正面に沿革が、裏面に校歌が刻まれています。

 南種子町立西野中学校跡

      沿革
 昭和二十二年西野中学校として創立し、昭和二十四年花峰校区出身生徒一部本校に転入、昭和三十九年台風二十号のため中央校舎倒壊、翌年再建昭和四十五年校庭拡張昭和五十七年郷土芸能「棒踊り」伝承、平成二年文部省指定「勤労生涯学習」推進校研究公開(きびの生産から砂糖すめまで)卒業生総数二千七百二十名。
 町内五校の中学校が新設南種子中学校に統合の為、ここに本校四十七年の歴史を閉じる。

      平成六年三月
            南種子町

    中学校校歌
      岩坪 巌 作詞 作曲
一、黎明つぐる 門倉や
   黒潮寄する 前の浜
   民主日本の さきがけに
   使命をおびて 生まれたちし
   ほまれは高し 西野中学

二、文化の波は とどろきて
   鳴る子も床し この里に
   奮えわが友 再建の
   使命を荷い 雄々しくも
   誓いはかたき われら学徒

三、平野原頭 風立てば
   視界はひろし 西の海
   平和日本の 花と咲かん
   希望は高く 輝やけリ
   意気に燃え立つ 西野健児

四、世紀はすでに 新たなリ
   ああ南めいの 雲晴れて
   明日ふみよむ 母校の窓よ
   ゆかしき教え 受け継ぎて
   永久に幸あれ 栄あれ

 碑文は以上です。なお、読み違いがあるかもしれません。