星原地区県営畑地帯総合土地改良事業之碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 中種子町の記念碑 > 星原地区県営畑地帯総合土地改良事業之碑

土地改良事業に関する碑

星原地区県営畑地帯総合土地改良事業之碑
【撮影場所】
鹿児島県中種子町星原上之城
【撮影日時】
2007年7月15日/15時09分

 写真の場所は、中種子町星原地区上之城広域農道沿いに建てられています。右に碑文、左に事業概要、その奥に石碑建立の概要が刻まれています。

 星原地区県営畑地帯
 総合土地改良事業之碑
       中種子町長 松下道男書
 碑文
ゆとりある環境と、集落機能の充実発展を願い次代を担う若者の近代化農業経営への憧れと未来への夢を託し、ここに県営畑地帯総合土地改良事業が着工された。これまで地理的条件等により、幾多の苦労を重ねながら、今日を築き上げてきた星原地区も時代の要請により、近代的農業経営の基盤を確立するため、大地をゆるがすブルトーザーの音高らかに安方地区をさきがけに、牧川地区までの整備を完了した。この間、国、県、県土改連、県開発公社、町、町土地改良区等の温いご協力のもと、地区民の総意を結集し一致団結、あらゆる難事を克服し、ここに画期的な事業が完成したことは、地区民の誇りとするところであり関係者各位に対し、深甚なる感謝の意を表わしこの実績を記念し、後世に伝えるため、風光明媚なこの地に碑を建立する。  昭和六十年四月

事業概要
   記
事業量     区画面積 一五〇ヘクタール
          農道延長 一五キロメートル
総事業費   一、五二三、一八五、〇〇〇円
   内訳    国庫補助 八三二、七五八、〇〇〇円
          県費補助 四四四、九〇一、〇〇〇円
          町負担  一六七、二七二、〇〇〇円
受益者数 二五七名
着工 昭和五十二年十一月一日
完工 昭和五十八年三月三十一日
事業主体 鹿児島県
施工者 鹿児島県土地改良事業団体連合会
      鹿児島県開発公社

石碑建立の概要
       総事業費 八七八〇〇〇円
       内訳
       寄付者 中種子町 一〇〇〇〇〇円
             県土改連 一〇〇〇〇〇円
             県開発公社 一〇〇〇〇〇円
             中種子町農業協同組合 六〇〇〇〇円
             受益者負担 五一八〇〇〇円
施工者 星原校区
      記念碑事業建設委員長
      委員
      事務局長

 碑文は以上です。施工者の氏名は省略しています。なお、読み違いがあるかもしれません。