中種子町立星原中学校跡

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 中種子町の記念碑 > 中種子町立星原中学校跡

星原中学校開校に関する碑

中種子町立星原中学校跡
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町星原上之城
【撮影日時】
2008年9月20日/16時05分

 平成16年4月1日より、中種子町内の中学校が統合され、中種子中学校が開校したのに伴い、星原中学校は閉校されました。中学校正門に閉校碑が建立されています。記念碑には、正面に沿革が、裏面に校歌が刻まれています。

 中種子町立星原中学校跡

 沿革
 昭和二十二年五月二日星原小学校に併設創立、昭和二十三年五月一日ここ宮園台地の西海岸を見下す現在地に移転した。昭和三十九年鉄筋校舎建設、昭和四十四年二階を増築、昭和五十六年体育館を完成し教育環境の充実と生徒の学力向上、スポーツ振興に努め多くの卒業生を社会に送り出してきた。
 平成十六年三月三十一日中種子中学校への統合のため伝統ある星原中学校五十七年の歴史をここに閉じる。
卒業生千八百三十七名

      平成十六年三月
           中種子町

   校歌
     久保けんお 作詞
             作曲
一 まひるびの 照るところ
   宮園台地に そびゆるいらか
   八重の高嶺を 仰ぎつつ
   磨く理想の 道しるべ
   星原中学 その名も高く
   学ぶわれらに 幸多し

二 見下しの 西の海
   そよぐ平和の 潮風小風
   胸を広げて 吸いこめば
   若き命に 湧く力
   星原中学 その名も高く
   学ぶわれらに 幸多し

 碑文は以上です。なお、読み違いがあるかもしれません。