九州海軍航空隊種子島基地之碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 中種子町の記念碑 > 九州海軍航空隊種子島基地之碑

九州海軍航空隊種子島基地に関する碑

九州海軍航空隊種子島基地之碑
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田牛之原
【撮影日時】
2006年12月3日/11時57分

 中種子町増田牛之原の県道75号線沿いにこの記念碑はあります。ちょうど、種子島宇宙センター増田通信所の近くです。記念碑には次のような碑文が刻まれています。

 碑文
 九州海軍航空隊種子島基地之碑
              源田實書
 碑文
昭和十六年十二月八日我が?(へい)合艦隊は真珠湾を攻撃し大東亜戦争に突入した 翌年十月日本海軍は増田牛之原に飛行場を建設することになった熊毛郡民は徴用を受け空襲と食糧難に堪えあらゆる困難を克服してこの建設に奉仕し小型機の業着を見るに至ったが間もなく終戦を迎へ建設工事は中止となった
中種子町在住海軍出身者は建設に従事した人々の偉業を永遠にたたえ滑走路南端にこの碑を建てる
     昭和五十年五月二十七日
             中種子町櫻会
                 土地提供者
                 石碑寄贈者
                 元隊長海軍少佐 西園善助
                 南種子町出身

 碑文は以上です。文章の中で、?は変換不可能な文字です。なお、碑文の読み違いがあるかもしれません。