日宏上人遺徳顕彰碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 中種子町の記念碑 > 日宏上人遺徳顕彰碑

日宏上人に関する碑

日宏上人遺徳顕彰碑
【撮影場所】
鹿児島県中種子町南界田島浄光寺
【撮影日時】
2007年12月1日/12時46分

 中種子市街地から国道58号線を南種子に向かうこと約13分で、浄光寺に着きます。種子島警察署田島駐在所の隣です。また、旧中種子町立南界中学校跡地に近い場所にあります。境内の国道側に記念碑は建立されています。その記念碑には、次のような碑文が刻まれています。

 浄光寺再興之祖
   日宏上人遺徳顕彰碑
         昭和六十三年九月善日建之
             大本山本能寺
             第百三十五世 日崇?
             建碑志主
             横浜 妙信寺 中道日浄

 碑文
 大本山本能寺第百二十七世中興日宏聖人は廃佛毀釈により廃寺となりし定田寺浄光寺の再興を発願本能寺執事長赤田泰圓(日崇)をしてその任に当らせ昭和五十五年田島部落に定田寺改め浄光寺田島坊の本堂兼庫裡を新築同年九月十九日落慶法要を翌昭和五十六年阿高磯部落に定田寺教改め浄光寺定田坊の本堂を新築同年九月十五日落慶法要を修す 茲に大本山本能寺は日宏聖人の慈心に応えんがため浄光寺の本堂庫裡を再建立し妙法下種弘通の大道場たらしめんとす本日本堂庫裡落慶の聖辰を卜し日宏聖人を浄光寺再興の祖と仰ぎ遺徳を顕彰するものなり
        昭和六十三年九月善日
              大本山本能寺
              第百三十五世 日崇?

 碑文は以上です。?は崩し文字で判読できない文字です。なお、読み違いがあるかもしれません。