中種子町立野間中学校跡

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 中種子町の記念碑 > 中種子町立野間中学校跡

野間中学校閉校に関する碑

中種子町立野間中学校跡
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間横町
【撮影日時】
2008年9月23日/14時05分

 平成16年4月1日より、中種子町内の中学校が統合され、中種子中学校が開校したのに伴い、野間中学校は閉校されました。野間中跡地には、中種子町立中種子中学校が開校しています。体育館南側に閉校碑が建立されています。記念碑には、正面に沿革が、裏面に校歌が刻まれています。

 中種子町立野間中学校跡

     沿革
 昭和二十二年野間中学校として創立。
 昭和四十六年北校舎五十八年南校舎落成。同年種子島庭園・昭和六十年教育の森完成。
 校訓「柏葉の枯れても落ちぬがんばりを我が学び舎の心ともかな」のもと、学習、スポーツ文化活動面に輝かしい数多くの功績を残した。
  平成十六年三月三十一日中種子中学校への統合のため、卒業生八九五二名を輩出した。伝統ある野間中学校五十七年の歴史を閉じる。

      平成十六年三月
           中種子町

   校歌
     神田善一郎 作詞
     久木原定助 作曲
一、黎明告げる 鐘の音
   学園自治の 風にきき
   いましみじみと 中種子の
   ひろら野に立つ 若き等の
   虹の希望よ 野間中学校

二、勤労常に たたえつつ
   一途に励み 学ぶ日の
   栄光あれば 中種子の
   ああ 師の君も友垣も
   強い力よ 野間中学校

三、文化日本の 新しい
   歴史に光彩 そえるもの
   健康なれば 中種子の
   旗手ともなろう 眉あげて
   育つ生命よ 野間中学校

四、森のささやき 地の叫び
   心にひびけ われらこそ
   まこと平和な 中種子の
   日には日に進む しるべして
   永遠の誉よ 野間中学校

 碑文は以上です。なお、読み違いがあるかもしれません。