土地改良記念碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 中種子町の記念碑 > 土地改良記念碑

土地改良事業に関する碑

土地改良記念碑
【撮影場所】
鹿児島県中種子町南界田島
【撮影日時】
2007年12月1日/12時35分

 写真の場所は、中種子町南界田島の農道沿いにある記念碑です。車窓からも全容が確認できます。土地改良事業に関する記念碑です。右に碑文、左に事業概要が刻まれています。

  団体営土地改良総合整備事業
  田島中央地区
土地改良記念碑
       平成二年十一月十日建立
       町制施行五十周年記念事業

   碑文
 この地区はさとうきび 甘藷を主幹作物に和牛(肉用牛)を導入した複合経営形態をなしている。ほ場は散在し狭小不整形であり農道に至っては屈曲狭小荒廃が甚だしく耕作運搬に支障をきたしていた
昨今の農業農村情勢は、農地の集団化、大型機械導入等に伴う省力化、農村環境の改善が必須条件の認識のもと受益者一同の賛同を得、昭和五十五年度団体営土地改良事業が着工され、昭和五十七年に事業の完成をみた。この事業を契機に農業経営の安定、農村環境の改善を目指して前進すべく記念碑を建立し後世に伝える               中種子町

    事業概要
一 受益面積    五八ヘクタール
二 受益戸数    六七戸
三 事業費      二億二千百八十六万六千円
四 事業量内訳
   基幹農道    千九百八十六メートル
   区画整理    二十七、二ヘクタール
五 工事期間 着工 昭和五十五年度
          完成 昭和五十七年度
六 事業主体 中種子町

 碑文は以上です。なお、読み違いがあるかもしれません。