畑地と水の整備完工碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 西之表市の記念碑 > 畑地と水の整備完工碑

土地改良事業に関する碑

畑地と水の整備完工碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納
【撮影日時】
2007年9月2日/10時44分

 写真の場所は、西之表市安納の広域農道沿いに建てられている記念碑です。右に碑文、左に関係役職名などが刻まれています。

 畑地と水の整備完工碑
 西之表市長 榎本修書
 碑文
 二十一世紀に向けて、潤いのある活気あふれた農村社会の形成と飛躍的な地域発展の願いをこめ、かつ、次代を担う若者の近代的農業経営への憧れと未来への夢を託し、昭和五十二年度(一九七七年)に二十二、三ヘクタールの県営ほ場整備事業に着手し、さらに昭和五十四年度より平成元年度(一九七九年〜一九八九年)にかけて、百二十二、九ヘクタールが県営畑地帯総合土地改良事業で施工された。
 恵まれぬ地理的条件、ほ場条件にもめげず、先祖代々幾多の苦労を重ねながら、今日の基礎を築き上げてきた当安納地区は、時代の要請とともに先見の明かりをもって、近代的農業経営の基盤づくりに着手し、十年来の永い歳月を経て、温暖な気象条件と水の高度活用によって、収益性の高い作物団地の育成と産地間競争に十分たちうちできる、[緑の宝庫安納]の地位を不動のものとするりっぱに整備されたほ場に生まれ変わった。
 この間、国、県、市、市土地改良区、県土改連、県開発公社並びに地元建設業者等の温かいご指導とご支援のもと、地区民の創意を結集し、一致団結、あらゆる難事を克服しながらここに画期的な事業が完成したことは、地区民の誇りとするところであり、その業にあたった関係者各位に深甚の感謝の意を表し、この功績を後世に伝える為、風光明媚なこの地に記念碑を建立する。
    平成三年十月
         安納校区
         区長 日高敏則

関係役職名
(昭和五十二年度〜平成元年度)
熊毛支庁長 古市吉男
西之表市長 榎本修
県土地改良課長 田島准一
市土地改良区理事長 長野正治
市耕地課長 矢野憲一
市農政課長 今平信一
校区歴代区長 三名(省略)
団地別換地委員会
下郷団地(昭和五十二年度)
委員長 一名 委員 三名
花ノ木団地(昭和五十四年度)
委員長 一名 委員 五名
山崎団地(昭和五十五年度)
委員長 一名 委員 四名
源作団地(昭和五十六年度)
委員長 一名 委員 五名
大峯団地(昭和五十七年度)
委員長 一名 委員 六名
軍場団地(昭和六十一年度)
委員長 一名 委員 三名
軍場団地(昭和六十二年度)
委員長 一名 委員 ニ名
軍場団地(昭和六十三年度)
委員長 一名 委員 一名
軍場団地(平成元年度)
委員 二名

 碑文は以上です。委員の氏名は省略しています。なお、読み違いがあるかもしれません。