俺が主役だ興そう古田を豊かな里に

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 西之表市の記念碑 > 俺が主役だ興そう古田を豊かな里に

土地改良事業記念に関する碑

俺が主役だ興そう古田を豊かな里に
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田中之町
【撮影日時】
2007年7月16日/12時17分

 数年前の西之表豪雨、それ以前の大雨等で古田の中心部を流れている川脇川の増水により、甚大な被害が出ていました。その復旧工事が行われ、現在に至っています。川沿いにあった竹林などはすべて撤去され、新しく区画整理されています。
 写真の場所は、西之表市古田の中心部よりやや南側の川脇川の支流沿いに建てられている記念碑です。右に碑文、左に事業概要が刻まれています。

 俺が主役だ興そう
   古田を豊かな里に
       西之表市長 長野 力書
 碑文
 川脇川中流の盆地に拓かれたこの大地は、古田の人々の暮らしを永年、支えてきた。時代とともに農業を取り巻く環境は、予想だに出来ない早さで変化し、このままでは、幾多星霜、多士済々をそだててきた誇り高い古田地域の衰退が憂えるようになってきていた。
 そこで、古田校区民が一丸となり古田地域の未来永劫を見据えて最新の農業技術が駆使できる優良農地を確保し、次代を担う若者に夢を託し、この県営ほ場整備事業を導入することになった。
 事業完工までには、地域、関係機関が叡智を結集し、協力仕合い幾多の難事を克服して、本市南部中央に壮大な農村集落整備が実現した。
 このことは、地区民の誇りとするところであり、関係各位への感謝の意を表するとともに、この事業を後世に伝えるため、古田地区の農業の発展を祈り、ここに記念碑を建立する。
    平成十七年十二月吉日

事業概要
一、事業名 県営ほ場整備事業
        (担い手育成型)古田地区
二、受益面積 二六、一ヘクタール
三、総事業費   六七九、三五〇千円
四、事業量
    整地工 一九、六ヘクタール
    道路工 五、一二一メートル
    用水路 四、一五三メートル
    排水路 四、二三六メートル
    暗渠排水 一一、〇ヘクタール
    農村公園 一カ所
    鹿防護柵 三、八二〇メートル
五、団地名
   田浦・山刀平・一位山団地
   御前田・田平・中野団地
六、工事期間 平成十一年〜十六年度
七、事業主体 鹿児島県
八、関係者
    委員長 上妻宗三郎
    副委員長 石井英一郎
    会   計 窪田良二
    委   員 省略八名
九、関係機関名
    熊毛支庁土地改良課
    西之表市
    西之表市土地改良区

 碑文は以上です。委員の氏名は省略しています。なお、読み違いがあるかもしれません。