廣瀬宗義君謝恩碑

廣瀬宗義氏に関する碑

廣瀬宗義君謝恩碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下能野神社境内
【撮影日時】
2007年10月6日/10時55分

 西之表市下能野神社境内にこの記念碑が建立されています。漁業発展のため尽された方です。その記念碑には、次のような碑文が刻まれています。

 廣瀬宗義君謝恩碑
君ハ漁業法施行サルニ當リ従来能野浦人ガ生命トスル馬毛島及能野浦ニ於ケル飛魚其他各種漁業権獲得ノ為メ先ヅ漁業組合ヲ組織シ国上時興初代組合長瀬崎周右衛門仝監事濱上孫七ニ謀リ共ニ官廰ニ請フ處アリタリ然ルニ偶此レガ相ヨリニ関スル支障起リ其解決ヲ告ゲザルコト久シキモ君主トシテ其衝ニ任シ東奔西馳証憑ヲ挙ゲ慣行ヲ主張シテ辧?最モ力メ遂ニ願意徹底シテ官ノ認容スル處トナリ其目的ヲ達成スルニ至レリ茲ニ於テ初メテ組合員安堵益其業ヲ勵ム再後組合長瀬崎周太郎濱添甚吾瀬崎鉄哉濱尾武平能野袈裟八山下安彦浦上孫次田添彦八瀬崎正一濱上孫三郎相継ぎ能野組合ノ統一ヲ図リ之ヲ誤ラザルハ専ラ君ノ指導宜シキニ因ル所以ナリ如上君常ニ組合員ヲ愛スルコト于ノ如ク組合員モ亦君ヲ慕フコト親ノ如ク相互親厚而シテ業績著シタ発達シ組合ノ基礎ヲシテ鞏固今日アラシメタルハ實ニ君既往三十有八年間一日ノ如ク一位熱誠ヲ以テ終始シタル賜タヲズンバアラズ?テ事由ヲ貞aニ勒シ永ク子孫ヲシテ之ヲ記念セシムルト共ニ君ノ功徳ヲ不朽ニ傳ヘ以テ謝恩ノ意ヲ表ス
          昭和十四年十二月一日    能野浦漁業組合
                             平山武緝謹書

 碑文は以上です。文章の中で、?は不明文字、或いは変換不可能な文字です。また、一部の文字については現代文字に変換しています。なお、読み違いがあるかもしれません。

2014.3.7〜