誠の碑

通称号鋒第一三五七三部隊に関する碑

誠の碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田二本松
【撮影日時】
2006年10月14日/7時50分

 西之表市街地から県道76号線を中種子に向かって走り、途中二本松に出て安城に向かう道を少し走ると、約20分で鹿之峯の写真の場所に着きます。この記念碑は、一般的に「誠の碑」と呼んでいます。写真で分かるとおり、大きな文字で「誠」というのを刻んでいます。その記念碑の右に、記念碑の案内板がありますので、簡単に説明しますと、
 独立混成第一〇九方団独立歩兵第六八〇大隊(通称号鋒第一三五七三部隊)六〇〇名の戦友が種子島守備部隊として、一年有半に及ぶ島民との心の絆と平和希求の証として、昭和二十年の終戦の時、この地において大隊旗を焼きながら、この巨石に「誠」の文字を刻したもので、戦友会「石誠会」と島民を結ぶ心の墓標とのことです。
 では、この碑に刻まれている碑文は、次のとおりです。

昭和二十年中秋
  誠
?第一三五七三部隊
 そして、昭和五十年に記念碑に追加した碑文があります。その碑文は次のとおりです。
  碑文
時は流れて三十年
心の戦友よ又集う
昭和五十年十月五日
種子島石誠会

 碑文は以上です。なお、読み違いがあるかもしれません。

2014.3.1〜