向井善之助紀徳碑・行幸紀念

向井善之助に関する碑

向井善之助紀徳碑・行幸紀念
【撮影場所】
鹿児島県西之表市十六番JA種子屋久中割支所
【撮影日時】
2006年10月14日/8時19分

 新種子島空港近くの集落は十六番です。その県道沿いにこの記念碑が並んで建てられています。手前の記念碑が「行幸紀念」、奥が「向井善之助紀徳碑」です。それぞれ紀念碑に刻まれている碑文を紹介します。

 向井善之助
 紀徳碑
氏ハ明治十九年十月南種子村平山ニ生ル大正五年一月西之表町十六番ニ轉住シ独立カ行困苦ヲ忍ビ勤儉以テ産ヲ増シ家ヲ興ス昭和四年四月衆望ヲ負ヒ町会議員ニ當選仝八年再選サレ中割区制ノ實施産業ノ開発ニ其ノ功尠カラズ十一年六月十一日齢五十一歳ヲ以テ永眠ス此ニ氏ノ功ヲ刻シテ其ノ徳ヲ偲ブ
    昭和十三年四月四日建立
     鴻峯男女?合青年支部
      仲山種雄 謹書
      石工 川畑武義

 次に、「行幸紀念」の碑文は次のとおりです。

 行幸紀念
建設奉仕者
男女青年
   昭和十年十一月 十六番友会
       砂中
       国防十六番婦人会
       向井善之助 謹書
       石工 川畑武義

 碑文は以上です。文章の中で、?は不明文字、或いは変換不可能な文字です。また、碑文に読み違いの文字があるかもしれません。

2014.3.18〜