日葡親交流記念之碑

日葡親交流記念に関する碑

日葡親交流記念之碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市わかさ公園内
【撮影日時】
2006年12月12日/12時45分

 西之表市民から親しまれている「わかさ公園」の一角に、この記念碑が建てられています。中央の紀念碑には、上部に日本語で、下部にポルトガル語で刻まれています。また、右側の四角の紀念碑には、ポルトガル語で刻まれています。その碑文は次のとおりです。

 日葡親交流記念之碑
泰西諸国先興我邦交通者葡国也其商船来於平戸長崎諸港營貿易爾来訖寛永鎖国約百年矣其所?我産業之開発文化之進歩實不尠少而天文間葡国船始来我邦時先上種子島其所傳銃器亦以種子島?焉故日葡協会今選此地建両国親交記念碑云
        昭和二年十一月吉辰
          従二位伯爵松浦厚撰弁書

A’MEMORIA DOS
NAVEGADORES PORTUGUESES
QUE EM 1542
DESEMBARCARAM EM TANEGASHIMA
INTRODUZINDO NO JAPA’O AS ARMAS DE FOGO
E ESTABELEGENDO AS PRIMEIRAS RELAGO’ES
DE AMIZADE E DE COMERCIO
ENTRE O IMPERIO DO SOL NASCEMTE
E AS NAGO’ES DA EUROPA
ESTE MONUMENTO FOI MANDADO ERIGIR
EM 1927
PELA SOCIEDADE LUSO−PORTUGUESA
EN COMEMORAgA’O DA TRADICIONAL AMIZADE
QUE LIGA OS DOIS PAIZES.

 右側の碑文は次のとおりです。
CELEBRANDO SE EM 1940 O 2600 ANIVERSARIO DA FUNDACA’O
DO IMPERIO JAPONES E O 800 ANIVERSARIO DA FUNDACA’O
DE PORTUGAL A SOCIEDADE LUSO−JAPONESA INAUGUROU ESTA
LA’PIDE EM COMEMORACA’O DAS REFERIDAS FESTIVAS DATAS
TANEGASHIMA. AND DE 1940
O MINISTRO DE PORTUGAL NO JAPA’O−L.ESTEVES FERNANDES
PELA SOCIEDADE LUSO−JAPONESA−CONDE TAKATSUGU TODO

 碑文は以上です。文章の中で、?は判読できない文字、変換不可能文字です。また、一部の文字については現代文字に変換しています。なお、碑文の読み違いもあるかもしれません。

2014.3.18〜