山田歌子の碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 西之表市の記念碑 > 山田歌子の碑

山田歌子に関する碑

山田歌子の碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立榕城中学校
【撮影日時】
2007年9月24日/13時23分

 西之表市立榕城中学校の西側にこの記念碑が建立されています。山田歌子は、京都に生まれ、その後薩摩藩士の山田清安と結婚しますが、清安は殉死し歌子は種子島に流されてしまいます。大変歌がうまかった方で、記念碑にも刻まれています。写真でも分かるとおり、題目がなく碑文が刻まれています。

 碑文
山田歌子刀自ハ山城国淀藩士町田?貞法印ノ次女文化七年生レ風ニ温稚歌ヲヨクシ?容アリ近衛家ニ仕フ後香川景樹ノ高弟タリシ薩藩留守居山田清安?宝トナリ内助功多シ国ニ帰リテ嘉永二年十二月清安諸志士??難ニ殉ス刀自坐シテ種子島お預トナル松寿院千加子後?燐?家臣柳田休助及妹松子ニ厚ク遇セシム性貞淑節ヲ守リ桂園ノ風ヲ傳へテ窮愁ノ裡吟咏自為メ家集アリ作楽園遺稿加藤ノ??末ニ刋久万延元年八月十六日殉ス年五十一雲城ニ?ル本年九十年忌ニ當リ遺詠ヲ刻シテ追遠ノ誠ヲ表スト云フ。

右里の淀野?おふるあやめ草けふを心にひきうつしけり    小門の汐子初編
大内の山氏白雷あとつけて君と光もみも遊びしも乃を      同      二編
            昭和十三年八月 西之表町榕城校区婦人会建

 碑文は以上です。?は判読できない文字、或は変換不可能な文字です。また、一部現代文字に変換しています。なお、読み違いがあるかもしれません。ご了承ください。