西之表市の神社

ふるさと種子島 > 種子島の神社 > 西之表市の神社

西之表市の各地域にある主な神社を紹介しています。その1〜2で紹介できなかった神社を掲載しています。なお、神社名および画像をクリックすると、神社の詳細なページを表示します。ご覧ください。

西之表市の神社 3ページ目を表示中...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

豊受神社 大崎塩釜神社 伊勢神社
豊受神社 大崎塩釜神社 伊勢神社
【撮影場所】西之表市古田村之町
【撮影日】2006年10月15日
【祭神】豊受大神、御神体は鏡
【祭事】10月第3日曜日
【説明】豊受神社は、秋祭りに「獅子舞い」と「棒踊り」を奉納することで有名です。それと賢母の教えで有名な古田御前の墓地がある神社です。また、神社の特徴である、イチョウの大木と、拝殿の前のこま犬です。
【撮影場所】西之表市上西大崎
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】天照大神
【祭事】***
【説明】大崎は、昔、塩屋があったため火の神の天照大神を祀っています。境内に大きな切り立った自然石があります。また、小さな宮や神社の由来記を刻んだ碑が建ててあります。そして神社の特徴である天然石で作った2匹の亀の形をした石があります。
【撮影場所】西之表市上西大花里
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】御神体は鏡
【祭事】***
【説明】17代太守島津家久の女が、第17代島主種子島忠時に嫁がせた際、その従者となって来島した数名の中、緒方惟貞はかって父惟治が鵜戸神宮に詣でた際、宮司鵜戸太夫に請うて拝戴した御神鏡を捧持して来島し、これを現在地の成高山に小祠を建て御祀りしたのが伊勢神社の起源とされています。今から366年前の寛永18年10月のこと。
弓矢八幡神社 横山神社 八坂神社
弓矢八幡神社 横山神社 八坂神社
【撮影場所】西之表市上西枦之峯
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】山の神
【祭事】***
【説明】櫨之峯(はじのみね)集落の氏神様の八幡神社です。
【撮影場所】西之表市上西横山
【撮影日】2006年7月16日
【祭神】***
【祭事】7月第3日曜日に盆踊り
【説明】阿久根千代女の霊を祀った盆踊りで有名な神社です。毎年、旧暦の7月7日の近い日曜日に6月灯の夏祭があり、そのときに奉納しています。ふるさと歴史散歩」の案内板がいくつかあります。「横山の石塔 日蓮上人供養碑」とか「仏が峰」、「満徳寺縁起」、「鹿狩りと初鹿の祝」、「種子島家の注連縄」とか立ててあります。
【撮影場所】西之表市西之表西町
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】***
【祭事】毎年鉄砲祭りで太鼓山がある。
【説明】神社は、鉄砲伝来でもお馴染みの慈遠寺があったところです。八坂神社は、明治20年に慈遠寺跡地に社殿を遷座して今日に至っています。商売繁盛の神様として祀られています。八坂神社の年間の行事は、1月1日〜歳旦祭、4月29日〜春例祭、7月25日〜祇園祭、11月3日〜秋例祭となっています。
栖林神社 菅原神社 王之山・若宮神社
栖林神社 菅原神社 王之山・若宮神社
【撮影場所】西之表市西之表中目
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】第19代島主種子島久基公
【祭事】1月11日大的始式
【説明】御祭神は、第19代島主種子島久基(号は栖林)です。文久3年(1863年)松寿院(23代島主久道夫人)が久基公の甘藷栽培などの偉業を後世に伝えるために、本源寺の射場に創建したが、その後現在地に移転され今日に至っています。栖林神社は、別名「からいも神社」などとも呼ばれています。栖林神社の左側には、栖林館があり大的始式保存会場になっています。
【動画】種子島の名所・観光スポット:第19代種子島島主久基を祭神とし松寿院が建立した栖林神社
【撮影場所】西之表市西之表天神町
【撮影日】2007年3月2日
【祭神】豊受大神
【祭事】***
【説明】学問の神社で、子供たちが合格祈願に参拝するのです。左に社務所、右に天神町公民館、中央に神社拝殿があります。
【撮影場所】西之表市下西塰泊
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】安徳天皇
【祭事】***
【説明】向かって左が王之山神社、右の小さいのが若宮神社です。王之山神社は、安徳天皇を祀った神社です。安徳天皇の伝説は全国各地にあるという。種子島はその一つでしょうか。 若宮神社は、第6代島主種子島時充の時に、種子島家後継ぎ問題で野辺左衛門盛純が殺され、その後亡霊が出るとのことで、盛純の墓をこの地に移し、その後王之山神社境内に祀り今日に至っています。
下石寺神社 上能野神社 下能野神社
下石寺神社 上能野神社 下能野神社
【撮影場所】西之表市下西下石寺
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】天照皇大神
【祭事】***
【説明】国道58号線沿いにあり、鳥居は、「日本甘藷栽培初地之碑」の左側にあります。下石寺は昔から、製塩地だったので、火の神様である天照大神を祀っています。
【撮影場所】西之表市住吉上能野
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】天照皇大神
【祭事】***
【説明】能野は、昔から、塩屋牧だったので、火の神様である天照大神を祀っています。拝殿の奥には小さな宮が四つあり神様を祀っており、その中に山の神様もあります。また、水天宮海神守護神の碑もあります。
【動画】種子島のふるさと情報:住吉能野神社石碑群が見どころ
【撮影場所】西之表安納下郷
【撮影日】2006年7月25日
【祭神】天照皇大神
【祭事】***
【説明】能野神社同様に火の神である天照皇大神を祀っています。木製の鳥居で、紀念碑、謝恩碑などもあります。そしてガジュマルも見ごたえがあります。
【動画】種子島のふるさと情報:住吉下能野神社ガジュマルのアーチが見どころ

西之表市の神社 3ページ目を表示中...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

2014.3.12〜