ふるさと種子島 > 種子島の海岸 > 野木海岸

小さな滝が二つある海岸

西之表市立山にある野木海岸は、中種子町との境界にある海岸です。

大小の石や瀬が多数点在する海岸です。もちろん、瀬で釣りもできます。

また、潮時になると、磯遊びもできるので、多くの人が訪れる海岸でもあります。

野木海岸には小さな滝が二つ見られます。急斜面に小さな川が流れており、小さな滝になっています。高さは約十五メートルです。このような海岸、ほかでは見あたりません。

野木海岸

県道75号線から海岸に出ると、写真の場所です。砂浜はありません。中種子町との境界付近を写したものです。先は犬城海岸です。

野木海岸の小さな滝(下方)

上方の滝と同じような高さ約十五メートルです。ここまで来るには、立山港からかなり距離があるので簡単に見られません。

野木海岸の小さな滝(上方)
野木海岸

大きな岩の上から北側の海岸を写したものです。緩やかな曲線になっているのが特徴です。

野木海岸

県道沿いから展望する景色は最高で、大川田海岸とよく似ています。方向を右に向けると犬城海岸を展望できます。

※ 2012年8月11日(土)、立山野木海岸を撮影したものです。この動画の中には、海岸の風景、波の模様を収録しています。なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の海岸:野木海岸(西之表市)

※ 2012年12月23日(日)、立山野木海岸の小さな二つの滝を撮影したものです。なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の海岸:野木海岸の小さな二つの滝

2013.12.4〜