ふるさと種子島 > 種子島の海岸 > 大花里海岸

砂鉄が多量にある海岸

西之表市街地から近い大花里海岸です。写真の場所は、砂浜が約1キロ続いている美浜海岸の最北端にあたります。

小さな川が左にありますが、川の中を見るとほとんど真っ黒で、砂鉄が多量に海に向かって流れています。

 

見事な砂鉄の模様が見られます。砂の表面だけでなく、内部までぎっしりと砂鉄が堆積しているのです。

ここだけでなく、種子島の海岸線は砂鉄を多量に含んでいるのが特徴です。黒い砂浜に思わず感動することでしょう。

大花里海岸

付近の小さな川の中を見るとほとんど真っ黒で、砂鉄が多量に海に向かって流れています。

大花里海岸

波や風雨によって、自然に砂鉄と白い砂が交互に堆積した光景です。

人の手によってできるものじゃない自然の仕業。海岸って、ほんとに不思議です。

大花里海岸
大花里海岸

この周辺では、シーカヤックやサーフィンが出来る場所です。また、海も大変きれいなところで、磯遊びに訪れる人も多い海岸です。

瀬を見ると、早くも岩のりが生えています。

※ 2012年12月29日、大花里海岸を撮影したものです。なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の海岸:大花里海岸(西之表市)

2013.12.4〜