太鼓山(たいこやま)

ふるさと種子島 > 種子島の郷土芸能 > 太鼓山

チョッサーと勇ましい掛け声で市街地を練り歩く

太鼓山
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城天神町
【撮影日時】
2011年8月21日(日)/12時19分/9時27分/9時29分
【写真情報】
サイズ[54.0/42.0/52.4KB]、カメラ[@Nikon D300+C-PL(W)、ABD300+SB-900]
【奉納場所】
西之表市西町八坂神社
【奉納時期】
種子島夏まつりで公開しています。毎年七月二十五日の祇園祭
【アクセス方法】
八坂神社は、JA種子屋久西之表事業本部の後方にあります。王之山神社は、下西塰泊漁港の近くにあります。

【行事の説明】

八坂神社は、明治五年に、鹿児島の八坂神社から分請されていましたが、明治二十二年に慈遠寺跡に遷され、現在に至っています。道路沿いに、八坂神社の祭りの案内板があります。それによると、毎年七月二十五日に、祇園祭を行っていましたが、三年前から、八月の種子島鉄砲まつりの中に組み込まれ、「太鼓山行列」として行われています。そして「太鼓山」は、西之表市の指定文化財にもなっています。

午前九時から、八坂神社社殿において、関係者が集まり八坂神社祭が行われます。それが終わると、十時からいよいよ太鼓山行列が行われ、白装束の若者が中心となって太鼓山を担ぎ、八坂神社を出て市街地を練り歩き、下西塰泊漁港の近くの王之山神社まで行き、再び八坂神社まで帰ってきます。

八坂神社を出ると、太鼓山が先頭になり「チョッサー」などと、勇ましい掛け声を出しながら、市街地を駆けていきます。太鼓山の後方には、八坂神社のご神幸行列が続きます。露払(清め人)を先頭に、猿田彦、酒樽担ぎ、女山車、子供太鼓山などです。太鼓山以外は、西之表市民体育館で、行列は終了します。

太鼓山は、王之山神社に着くと、ここでしばらく休憩です。そのあと十二時三十分から港まつりが始まリ、漁船のパレードが行なわれます。十一時三十分に王之山神社を出発し、再び八坂神社を目指します。甲女川に来ると、太鼓山の川渡りが行われます。太鼓山の一番の見所で、太鼓山を担ぎ泳いでの勇壮な光景を見ることができます。

写真一枚目は、太鼓山の一番の見所である甲女川の川渡りです。干潮時で少し水深は浅いものの一気に渡る様子は、圧巻です。それを見るために、川沿いにはたくさんの見物人で賑わっていました。なお、太鼓山については、「種子島のイベント写真」で、「種子島夏まつり(太鼓山行列)」で紹介しています。そちらもご覧ください。

 
神事〜祝詞奏上 午前9時から八坂神社社殿にて、神事が行われました。神事は、お祓い・祈祷・祝詞奏上・玉串捧奠などです。写真は玉ぐしの奉奠です。これが終わると、一連の神事も無事終了です。
神事〜玉ぐしの奉奠 太鼓山のご神幸行列の先頭を担う猿田彦です。神事の合間に着付けを行っています。最後に面をかぶせたところです。

【過去の画像】

太鼓山(2010.8.22)
太鼓山 2010.8.22
太鼓山(2009.8.23)
太鼓山 2009.8.23
太鼓山(2008.7.27)
太鼓山 2008.7.27
太鼓山(2007.8.19)
太鼓山 2007.8.19
太鼓山(2006.8.20)
太鼓山 2006.8.20