どすこい

ふるさと種子島 > 種子島の郷土芸能 > どすこい

男勝りな勇壮な踊りを見せてくれるどすこい

どすこい
【撮影場所】
鹿児島県西之表市あっぽ〜らんど屋根付競技場
【撮影日時】
2012年9月1日(土)/13時04分〜13時16分
【写真情報】
サイズ[39.3〜64.2KB]、カメラ[Nikon D300+SB-900]
【奉納場所】
***
【奉納時期】
***
【アクセス方法】
西之表市街地から県道581号線を下ること、JA種子屋久農協本所を過ぎると洲之崎です。

【踊りの説明】

西之表市榕城洲之崎地域に伝承されている郷土芸能の「どすこい」です。外の地域には余り見当たらない郷土芸能です。当方が知っている限り、島間田尾に伝承されている「相撲取り節」の二つだけです。平成二十四年九月一日、第100回西之表市畜産共進会記念フェスタで公開された「どすこい」です。

種子島に伝承されている郷土芸能は、一般的に男性中心が多いのですが、「どすこい」は女性の角力とりの踊りです。踊り子の服装は、写真のごとく回しを付け、背中には「さかきのゴヘイ」を差しています。

「どすこい」は出端、引端はなく、本踊りから構成されています。隊列は一重円で時計方向に進行しながら踊っていきます。また、本踊りは三組に分かれており、二組までは角力節ですが、三組目は「はんや節」になっており、テンポが少し速くなってきます。女性本来のやさしさもありますが、強さも感じさせます。

写真一枚目は、一組目の本踊りの様子です。鮮やかな衣装姿に身を包み、男勝りな勇壮な踊りを見せてくれます。大正元年に、病魔撃退のお祓いとして、現在の八坂神社で奉納されたといいます。踊りに派手さはありませんが、勇壮な中にも哀愁ある手踊りを十分間楽しませてくれました。

どすこいの本踊り 本踊りの様子です。男勝りな様子が伺えますね。しかし、女性らしさも感じられます。
どすこいの本踊り どすこいの踊る隊形は、始終一重円です。基本的に前進ですが、踊りによっては、少し後ずさりすることもあります。
はんや節 三組目は、はんや節です。テンポの速い踊りです。円形の隊列は変わりません。
記念撮影 写真は、記念撮影です。踊り終わったあと保存会の皆さんを撮影させていただきました。

【動画コーナー】

※ 2012年9月1日、第100回西之表市畜産共進会記念畜産フェスタで公開された「どすこい」を撮影したものです。この動画に中には、本踊りの様子、はんや節などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の郷土芸能:どすこい(西之表市洲之崎)