ヤートセー(崩し〜ご縁節)

ふるさと種子島 > 種子島の郷土芸能 > ヤートセー(崩し〜ご縁節)

哀愁たっぷりのヤートセー

ヤートセー〜本踊り(鳴り物)
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町西之砂坂神社・えびす神社境内
【撮影日時】
2010年10月16日/14時47分〜15時28分
【写真情報】
サイズ[47.8〜59.4KB]、カメラ[Nikon D300+SB-900]
【奉納場所】
南種子町西之砂坂神社・えびす神社
【奉納時期】
毎年10月中旬ごろ
【アクセス方法】
南種子町役場前の町道を門倉岬に向かって走ること、約15分でこの地に着くことができます。

【踊りの説明】

砂坂神社の秋季大祭で奉納されたヤートセーです。崩しは、ご縁節。

ヤートセーなどの踊りは、一般的に口説踊りといい、中踊りとも呼ばれています。大踊りが奉納された後、踊りを奉納するのが一般的です。ヤートセーは種子島の各地に存在しており、一番多く踊られている郷土芸能です。

西之校区には、たくさんのヤートセーがあり、各地域で少しずつ踊りが違います。本踊りは各地でほぼ同じですが、大きく違うところは、崩し部分の踊りです。砂坂のヤートセーは、踊り子が男性だけで、女性が混在していません。したがって、男性的なヤートセーを楽しませてくれます。

写真一枚目は、本踊りの様子で、一重円で反時計方向に進行しており、「ヤートセー」の掛け声が出て内側を向いているところです。この部分は、ヤートセーの中で最も好きな踊りの瞬間です。男性、女性問わず最も哀愁に満ち溢れており、心に残る感動を与えてくれます。

男性の服装は黒の衣装姿、頭に日本タオルのハチマキをして、色鮮やかなたすきがけ、そして黒の足袋でワラジを履いています。踊り子全員で歌いながら本踊りが進行していき、「ヤートセー」の掛け声が随所に出てきます。太鼓一人、鉦一人、小鼓一人、そして踊り子が九人で合計十二人で踊ってくれました。

踊りに派手さはありませんが、静かで優雅な踊りです。秋空の神社境内いっぱいに「ヤートセー」の掛け声が響いて、哀愁たっぷりの踊りを披露してくれました。

ヤートセー〜本踊り 写真は、ヤートセーの本踊りの部分です。円の内側を向き、左手はひじを曲げ、そのとき右手は、水平に左ひじに添え、両足を軽く曲げる仕草です。ヤートセーの中で、もっとも哀愁に満ち溢れた瞬間です。
ヤートセー〜本踊り 写真は、ヤートセーの全体を写しています。本踊りで、互いに内側を向き合っている姿です。このとき、反時計方向に進行しています。
ヤートセー(崩し〜ご縁節) 写真は、ヤートセーの崩し部分の踊りです。崩しはご縁節です。神社正面で二列縦隊での踊りです。崩しは短時間で終わります。
ヤートセー(崩し〜ご縁節) 写真は、ヤートセーの崩し部分の踊りです。隊列が互いに入れ違ったりします。これが終わると、約10分間のヤートセーも終了です。
砂坂神社に参拝 写真は、砂坂神社に参拝しているところを写しています。えびす神社で、奉納が終わると、砂坂神社で二度目のヤートセーを踊ってくれます。
奉納踊りを待っているところ 写真は、えびす神社でのヤートセーの奉納踊りを待っているところです。三時から奉納しますので、地元の人たちが集まってきます。
お神酒を飲んでいるところ 写真は、ヤートセーの奉納が無事終わり、踊り子が、お神酒を飲んでいるところです。ほっとした様子ですね。