エバ(平アジ)

ふるさと種子島 > 種子島の名物 > エバ(平アジ)

種子島近海で獲れる「エバ」

種子島近海で獲れる平アジの仲間で、地元では「エバ」と呼んでいます。さらに大きいものも獲れますが、巨大な平アジは「カッポレ」などと呼ばれています。

平アジの15〜20センチの小さいものは、西之表では、「赤目エバ」、「青エバ」などと、中、南種子では「コセン」などと呼んでいます。そして秋になると、種子島の各防波堤や砂浜の海岸で釣れるようになります。

エバの大きいものは、刺身で食べられるし、また、煮物用として店頭でも販売されています。エバは、島民にとって身近な魚として親しまれています。

特に、各堤防などで釣れだすと、大勢の釣り人が「赤目エバ」、「コセン」を求めてやってきます。ルアーで釣ったり、ネコ皮で作ったサビキを使うと、たくさんのエバと釣ることができます。

食べるのもいいのですが、エバ釣りも楽しいですよ。ぜひ、種子島のエバを釣ったり、食べたりしてみてください。

身近な魚として親しまれているエバ

エバ(平アジ)
【撮影場所】
鹿児島県西之表市種子島漁協
【撮影日時】
2007年6月23日/8時34分
2017.2.12〜