カツオ(鰹)

ふるさと種子島 > 種子島の名物 > カツオ

カツオの漁は、ホロ引きで...

このカツオ、種子島近海で獲れたものです。一般に種子島近海、或いは馬毛島近海で漁が盛んです。

写真のカツオは、真カツオです。カツオにも種類があって、セガツオ、ハガツオ、メチカなど獲れています。

一般的にカツオのタタキや、セガツオやハガツオは刺身で店頭に並びます。したがって、店頭で1匹のまま売られることはありません。

カツオは皮が結構丈夫です。刺身で食べるのもグッドだけど、照り焼きや煮込みもいいですね。

ところで種子島ではカツオの漁はどのようにするかというと、船の両サイドに竹ざおを伸ばし、竹の先端部に擬餌針のついたホロをつけて常時走りながら漁をしていくのです。ホロ引きと言っています。秋にかけて盛んに漁に出ています。

種子島近海で獲れた真カツオ

カツオ
【撮影場所】
鹿児島県西之表市種子島漁業協同組合
【撮影日時】
2006年10月7日/8時34分

種子島近海で獲れたハガツオです。刺身で食べるのがグッドです。特に新鮮なものは、刺身に切り落とした身が、真ん中付近が盛り上がっていると、食べるときに「コリン、コリン」とした食感があって最高です。

ハガツオは、種子島でたくさん水揚げされています。種子島に来ましたら、旬の「ハガツオ」をぜひ、ご賞味ください。ホテル・民宿でも出してくれると思います。

ほんとうに美味しいですよ。

種子島近海で獲れたハガツオ

ハガツオ
【撮影場所】
鹿児島県西之表市種子島漁業協同組合
【撮影日時】
2007年6月23日/8時31分
2017.2.12〜