種子鹿(タネジカ)

ふるさと種子島 > 種子島の名物 > 種子鹿

野生の鹿がたくさん繁殖している鹿

種子島の各地に野生の鹿がたくさん繁殖しています。山間部の道路沿いで、時たま見かけることがあります。しかし、なかなか野生の鹿を撮影できる機会は滅多にありません。

立山の早稲田川沿いの間伐をしている場所で、運よく三匹の種子鹿を見かけましたので、その様子を撮影したものです。

かなり離れており、撮影したものもよくありませんが、掲載することにしました。写真は、トリミングしています。出来るだけ鹿を中心に加工したものです。

写真の鹿は、三匹とも角がありませんのでメス鹿です。鹿に出会うと、必ず人間のほうを向き、見つめることが特徴です。物音を立てると、林の中に逃げていなくなりましたが、そのとき、鹿はもう一度振り返ります。

鹿は、草食動物なので、肉質は脂は少なく赤みがほとんどです。味噌煮や上質の肉は刺身で食べると最高の味が楽しめます。鹿は、3月31日までが狩猟期間です。

三匹とも角がなくメス鹿

種子鹿
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立山
【撮影日時】
2009年4月11日/9時50分