ちゅくらんぴー

ふるさと種子島 > 種子島の名物 > ちゅくらんぴー

目が大きくて、愛嬌のある川魚

種子島の川にいるハゼの一種です。地元では親しく「ちゅくらんぴー」と呼んでいます。なかなか動きが早いので、撮影も大変です。

この「ちゅくらんぴー」は警戒心が強く、すぐ石の中に逃げてしまいます。ハゼですので、食べられると思います。

しかし、種子島ではこの「ちゅくらんぴー」を食べる人はいないですね。私も食べたことがありません。

目が大きくて、愛嬌のある川魚です。全体が写っていないのが残念ですが…。この「ちゅくらんぴー」は、種子島の川の人気者です。

動きが早いちゅくらんぴー

ちゅくらんぴー
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和武部西之川最上流付近
【撮影日時】
2006年2月4日/14時20分

※ 平成27年7月29日、川脇川で、愛嬌のある川魚のちゅくらんぴーをGoProのカメラで撮影したものです。この動画の中には、ちゅくらんぴーのほか、テナガエビやツガニなどが出てきます。

種子島の愛嬌ある川魚ちゅくらんぴー

 
2017.2.13〜