馬立の岩屋

中種子町増田の犬城海岸にある大きな空洞の岩屋です。太平洋の荒波で、長い年月の侵食でつくられた洞穴です。東海岸では、このような胴穴をあちこちで見ることができます。その中で、この馬立(またて)の岩屋は、第10代島主種子島幡時が、この洞穴で行方不明になり、幡時が乗ってきた愛馬が洞穴の前で待っていたことから、名前が付けられたといいます。また、幡時は犬神使いの修行の場としてこの地域を利用していたので、犬城の地名がついたと言われています。写真で左の大きな岩屋が馬立の岩屋で、入口とその周辺の海岸を写しています。

馬立の岩屋
馬立の岩屋
馬立の岩屋
馬立の岩屋
馬立の岩屋
馬立の岩屋
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田犬城海岸
【撮影日時】
2010年8月23日/9時21分
【市街地からの時間】
撮影場所まで約25分
2019.2.7〜