ふるさと種子島 > 故郷の山 > 三割山

三つの境界にある山

南種子市街地から国道58号線を上ると、長谷の交差点があり、そこから島間に向うと、長谷小学校が右にあります。

そのまま進み広域農道の交差点を過ぎると、次の斜め十文字があり、右に行くと写真の場所に着きます。雑木林周辺を「三割山(みつわりやま)」と呼んでいます。山というイメージはありません。

付近は、南種子町の「中之上」、「島間」、そして中種子町の「坂井」との三つの境界が存在する場所で、この三割山が基準点になっているのです。

三割山の高さは207.7メートル、写真左側に一番高い場所があります。また、周辺は一部雑木林もありますが、ほとんど畑で人家も点在しています。

写真は、長谷島間線から有尾長谷野線を撮影したものです。先の雑木林付近が三割山です。

長谷島間線

長谷島間線です。↑島間、→ 島間・原尾、↓国道58号線・平山です。これより右へ三割山に通じています。

長谷小平山線

写真は、長谷小平山線です。↑島間、↓長谷です。これより左へ三割山へ通じています。

三割山
三割山周辺

三割山周辺は畑が主です。その雑木林の中に人家もあります。

2015.2.18〜