ふるさと種子島 > 故郷の山 > 平山神社山

平山神社周辺の山

南種子市街地から国道58号線を上り、長谷の交差点から平山に出ると、平山小学校の近くに写真の「平山神社山」があります。

神社山の高さは20メートルくらい。神社の周辺は水田が広がっています。水田の中に山がある感じで、県道75号線からもよく見えています。

神社山は、ほぼ円形をしているので、どの方向からも同じように見えます。

「平山神社」については、「種子島の神社」で、そして、アコウの大木は、「種子島のアコウ」でも紹介しています。どうぞ、そちらもご覧ください。

平山地域には、郷土芸能が豊富なところで、秋季大祭のときは、神社境内にて民俗芸能を奉納しています。

写真は、県道75号線道沿いから平山神社山を撮影したものです。3月下旬になると、早場米の田植えが始まります。

北東から見た平山神社山

西之町浜田線沿いの水田から平山神社山を撮影したものです。神社山を北東側から見たものです。どの位置からも古墳状に見えるのが特徴的ですね。

平山神社自慢のアコウの大木

写真は、神社山裏参拝道にある平山神社自慢のアコウの大木です。大変見ごたえがありますよ。

平山神社山
平山豊受神社

平山神社山の頂上にある平山豊受神社です。境内には、忠魂碑や菊池竹庵の墓などがあります。

2015.2.12〜