ふるさと種子島 > 故郷の山 > 神ノ山

タブノキの老木もある山

南種子町西之平野の平野神社周辺の山を「神ノ山(かみのやま)」と呼んでいます。ちょうど、西野小学校と道路を挟んで反対側にあります。

神ノ山は海抜約160メートルの高さです。周辺は雑木林で、タブノキの老木も見られます。

神社は、一般的に神様が祭られているので、神の宿る山ということで、「神ノ山」と呼ばれるようになったと推定されます。

写真は、上中西之線西野小学校前から神ノ山を撮影したものです。神ノ山の範囲は、神社周辺だけです。

上中西之線

上中西之線です。神ノ山は左側です。↑門倉岬・県道75号線、↓上中です。

上中西之線西野小学校前交差点付近

写真は、上中西之線西野小学校前交差点付近です。この少し先左に法華宗寺西之本国寺があります。

神ノ山
神ノ山の平野神社

神ノ山の中には、平野神社があります。境内には、タブノキの老木があります。

2015.2.16〜