ふるさと種子島 > 故郷の山 > 根一山

ポンカン果樹園のある山

南種子市街地から国道58号線を上ると、長谷の交差点があり、そこから平山に向う途中、浜田に出る道があります。

山の中腹には、ポンカンやタンカンを植えている果樹園があります。その果樹園付近の山を「根一山(ねいちやま)」と呼んでいます。

ちょうど三叉路になっているところが一番高い場所で136メートルあります。果樹園を下り終わると水田があります。

この周辺から中種子町との境界になります。そして、根一山の下には、大浦川の支流があります。

根一山は樹園以外は雑木林で、一部杉林もあります。写真は、根一山のふもと付近から撮影したものです。これよりず〜っと上り坂になっているのです。

県道75号線根一山入口

県道75号線根一山入口です。これより右へ行くと大浦川やメヒルギ自生地などがあります。そして、長谷平山線を経由して国道58号線に通じています。

長谷大浦線根一山入口

写真は、長谷大浦線根一山入口です。これより左へ行くと大浦川やメヒルギ自生地、県道75号線へ通じています。

長谷大浦線

写真は長谷大浦線です。長谷平山線三叉路から少し下ったところから眺める景色は、なかなか見ごたえがあります。

根一山
根一山の果樹園

長谷大浦線沿いは、果樹園になっており、ポンカンやタンカンなどのかんきつ類を生産しています。運搬用のモノレールがあちこちにあります。

2015.2.13〜