ふるさと種子島 > 故郷の山 > 立本山

水牛の果樹園の山

南種子市街地から国道58号線を上ると、長谷の交差点があり、そこから平山に向うと県道75号線の交差点に出てきます。

茎永方向に向って進むと、やがて坂道を下ると写真の山が正面に見えてきます。この山は「立本山(たつもとやま)」と呼ばれています。

立本山は、大浦川の源流になっています。また、平山地域は果樹園で、ポンカンやタンカンなどを生産しています。

種子島でその産地として有名です。もちろん、立本山でも果樹園でポンカン、タンカンを栽培しています。

立本山は写真でも分かるとおり、高い山ではなく40メートル前後です。そして、ところどころ杉林もあり、川沿いには水田があります。また、果樹園は正面だけでなく、反対側にもあります。

県道75号線立本山入口

県道75号線立本山入口です。↑茎永、↓平山・中種子です。これより右へ立本山へ通じています。

立本山の西側から撮影したもの

写真は、立本山の西側から撮影したものです。麓は水田です。

立本山
立本山のポンカン果樹園

立本山の斜面でポンカンやタンカンの生産を行っています。山には、ところどころ杉林もあります。

2015.2.18〜