ふるさと種子島 > 故郷の山 > 永谷山

郡川の源流にもなっている山

大和温泉センターの東側に住宅が見えていますが、その少し左側の山周辺を、「永谷山」と呼んでいます。永谷山の高さは133メートルです。

名前の由来は、はっきり分かりませんが、この周辺は深い谷のように連なっているので、永谷と付けられたものと推定されます。

山周辺は、雑木林や少し杉林もあります。そして、山の下は、郡川の源流にもなっています。その周辺には水田もあります。山肌も見えていなくて、自然豊かな山です。

河内から大宇都に通じる農道です。そこから永谷山を撮影したものです。ちょうど、写真中央付近です。付近は水田地帯です。

大宇都から河内に通じる農道

大宇都から河内に通じる農道です。大和温泉センターの東側に位置しています。そこから国道58号線方向を撮影したものです。↑国道58号線、↓河内・県道586号線です。

永谷山にある農道

写真は、永谷山にある農道です。この付近から急に下り坂になっているのです。↑河内・県道586号線、↓大宇都・国道58号線です。

永谷山
県道586号線沿いから永谷山を撮影

写真は、県道586号線沿いから永谷山を撮影したものです。山の連なりが三つ見えていますが、二本目が永谷山です。← 西、→ 東です。

2015.3.5〜