種子島の山

ふるさと種子島 > 故郷の山

種子島のおもな山を紹介しています。種子島は平坦な地形ですので、282mを越えるような大きい山がありません。地元の呼び名や俗称名がついている山を集めてみました。地図上の山の名前をクリックすると、その故郷の山が表示されます。

種子島の山の位置

種子島の山マップ 獄之越 国見山 春日山 豊山 ずく山 天女ヶ倉 四坊山 大道山 上清戸蔵 一位山 廻峯山 平鍋のガロー山 権現山 石塔山 大塚山 大光山 三割山 根一山 平山神社山 八方山 立本山 森山 松原山 山神 森山 安土山 クンガラヤマ 浜山 神ノ山 臼元子山 黒山 永谷山
【注意】
次の文字をクリックしても表示されませんのでご注意ください。

西之表市、中種子町、南種子町、馬毛島、東シナ海、太平洋、▲マーク

以上の文字です。

【種子島の山について】

種子島の地図を見ると大小の山があり、それぞれ高さは表示されています。しかし、国土地理院が正式に登録されている山は、西之表市安納にある「天女ヶ倉」だけです。

種子島で一番高いところにある「気象レーダー」の山には、残念ながら名前が付いていません。周辺を「廻峯山」と字名で呼んでいます。

高い山の多くは、西之表市では古田や住吉に、中種子町では牧川に集中しています。

種子島には高い山はありませんが、地域の生活に密着した身近な山がたくさんあります。

種子島で、ふるさとの山巡りをしてみませんか?