稲作

ふるさと種子島 > 種子島の農業 > 稲作

毎年栽培面積の減少が続いている稲作

稲作は、種子島の主幹作物で、種子島全域で作付られています。種子島全体での栽培面積は916.5ヘクタール、栽培農家戸数は2,371戸です。

表1 平成27年度実績
  西之表市 中種子町 南種子町 合計
栽培面積(ha) 244.9 305.0 366.6 916.5
栽培戸数(戸) 893 696 782 2371
生産量(t) 1004.0 1020.0 1225.0 3249.0

表1から分かることは、栽培面積を戸数あたりで比較すると、南種子町が0.46ヘクタール、中種子町が0.43ヘクタール、西之表市が0.27ヘクタールとなっています。特に、西之表市は小規模水田が多くなっています。

平成27年度実績を平成23年度実績と比較すると、西之表市は栽培面積で40ヘクタールの減少、戸数は200の減少、中種子町は栽培面積で24.7ヘクタールの減少、戸数は173の減少、南種子町は栽培面積で66.4ヘクタールの減少、戸数は80の増加となっています。特に南種子町で栽培面積の減少が大きいです。一方で、南種子町での戸数は4年間で80戸増加しているのが特徴です。種子島全体では、131.1ヘクタールの減少、293戸の減少です。原因としては、少子化の影響、農家の高齢化が進んでいるのでしょう。

種子島で作付されている品種は、全域にわたりほとんど「コシヒカリ」です。また、「もち米」も僅かに作られていますが、すべて自家用で消費されます。

種子島では、三月中旬ごろから田植えが始まり、四月上旬ごろには植えつけも終わります。田植えが終わると、管理作業があります。田の草取りや予防は欠かせません。昔は、「田車」を使って草取りをしていましたが、現在は、除草剤を使っています。七月中旬ごろになると、収穫できるようになります。バインダーやコンバインを使って収穫していきます。

バインダーを使って収穫した場合、馬を作って稲穂を掛ける作業があります。三〜五日間稲穂を乾燥する必要があるからです。一方、コンバインを使って収穫した場合、面倒な作業はありません。収穫された米の入った袋をトラックなどに運搬するだけです。しかし、後で乾燥させる必要がでてきます。特に、島外へ拠出する場合は、ライスセンターに持ち込んで入念に乾燥させてから出荷しています。

写真一枚目は、機械を使っての田植作業です。種子島では三月の二十日前後から各地で早場米の田植えが行われます。植えている品種は、ほとんどがコシヒカリです。また、自家用としてもち米も植えたりしています。

写真二枚目は、西之表市古田の水田での小型コンバインを使っての収穫作業です。全般的に古田は米の収穫時期が遅い地域です。しかし、出来上がった米の味は、種子島で一番美味しいといわれています。その原因は、寒暖差にあります。古田は、種子島で一番寒い地域です。したがって、ほかの地域に比べて寒暖差が大きいのです。これが作物にはいい結果につながっています。

写真三枚目は、バインダーによる刈取作業です。前日までの降雨により田がぬかっており、稲穂が水に濡れないように付き添っています。今年は全般的に天候不順により出来が悪いとのこと。昨年の八割くらいの収穫になるのではとの予想です。背丈が低いことと稲穂が短いことが大きな原因です。通常は、ひとつの稲穂に百二十〜百三十個の米がついているそうですが、今年は百個前後しか付いていないと話していました。

写真四枚目は、バインダーで刈り取った稲を、馬を作り掛けている作業です。同時に馬も作っているところです。クエギを使って馬を作ります。昔は、二段掛けも行っていましたが、今は一本掛け、或いは左右二本掛けが主になっています。三日前後日干しにしてから脱穀します。

【実績データ提供:西之表市役所・中種子町役場・南種子町役場】

機械で田植作業

機械で田植作業
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町平山広田
【撮影日】
2008年3月20日/9時45分

小型コンバインでの収穫作業

小型コンバインでの収穫作業
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町
【撮影日】
2009年7月29日/11時18分

バインダーでの刈取作業

バインダーでの刈取作業
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町
【撮影日】
2009年7月29日/11時03分

刈取った稲を馬に掛ける作業

刈取った稲を馬に掛ける作業
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町
【撮影日】
2009年7月29日/11時12分

平成25年7月13日(土)、種子島の南種子町西之本村大脇さんの水田にて、平成25年産超早場米コシヒカリの収穫作業を撮影したものです。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の南種子町西之本村大脇昭敏さんの水田で超早場米コシヒカリの収穫始まる!

平成24年7月16日(月)、種子島の中種子町阿高磯永浜一則さんの水田にて、平成24年産超早場米の収穫作業が行われました。約10アールの水田で17俵のコシヒカリを収穫しました。永浜さんによると、「今年の稲は、背丈がやや短い」とのこと。したがって、収穫量もやや少なめではないかと話されていました。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の話題:中種子町で超早場米の収穫始まる!

2013.12.27〜