酪農

ふるさと種子島 > 種子島の農業 > 酪農

最近は和牛の子牛の生産も手がけている

種子島は、酪農もたいへん盛んな島です。種子島全体の酪農の状況は、酪農家の戸数は36戸、飼育頭数は2,665頭、年間の生乳生産量は18,659トンの出荷で、ほぼ横ばいの状況が続いています。

表1 平成27年度乳用牛実績
  西之表市 中種子町 南種子町 合計
飼育頭数(頭) 1,652 647 366 2,665
飼育戸数(戸) 27 8 1 36
生産量(頭) - 424 - -
生乳生産量(t) 10,629 4,819 3,211 18,659

テレビでも報道されていますが、お茶やジュースに押されて牛乳の消費が落ち込んでいるので、酪農家の方はたいへんな状況になっています。

写真一枚目は、西之表市上西平田にある坂元牧場の乳牛を写しています。この牧場では、生乳生産と子牛の生産を行っており、約四百頭近く乳牛を飼育しています。搾乳は、一日三回約四〜四.五時間かけて行われます。まず一回目は真夜中の午前零時ごろ、二回目は午前八時ごろ、三回目は午後二時ごろです。餌は牧草に飼料を混ぜたものを常時与えておき、きらさないようにしています。生き物を飼っていますので、万が一のトラブルに備えて交代で宿直もしています。また、糞尿の処理などもしなければいけません。ここで従事している従業員も若く、牛に細心の注意を払いながら仕事を行っています。

写真二枚目は、和牛の子牛を写しています。札には、ひめこ、北乃大福など書き込まれています。ところで、牧場では乳牛の生産だけでなく、最近力を入れているのは、和牛の子牛の生産も手がけています。全体に占める割合も二割くらいに上がっているということです。

【実績データ提供:西之表市役所・中種子町役場・南種子町役場】

四百頭の乳牛

乳牛
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城平田
【撮影日】
2011年12月24日(土)/11時47分

和牛子牛の生産も手がけている

和牛子牛
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城平田
【撮影日】
2011年12月24日(土)/11時48分
2013.12.27〜