ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 郡川

南種子町で一番長い川

南種子町前之浜海岸に河口がある郡川(こおりかわ)です。南種子町で一番長い川です。郡川は、夏田、郡原、河内を流れています。郡川の全長は、約九キロと推定されます。

郡川沿いはほとんど水田地帯です。河口付近は川幅も広いのですが、次第に狭まっていきます。また、いたるところに川の中に堰があります。

郡川の最上流は、上中永谷山の麓付近にあり、周辺の水田は郡川の水が恵みになっています。

写真は河口付近から上流側を写しています。干潮時に来ると、美しい景色を楽しめます。

周辺の川は、大きく蛇行しており、干満により水位が大きく変化しています。

郡川

ここは、河口から約1キロちょっと上った地点です。前方左には、山神川の支流が合流しています。

郡川

写真は、県道75号線に架かっている郡川橋から上流側を写したものです。この付近は、穏やかな流れになっていますが、水の透明度が悪くなっています。

河内橋に掲示されている工事現場の様子

写真は、県道586号線に架かっている河内橋に掲示されている竣工当時、中平小6年野久保祐人君の描いた工事現場の様子です。

郡川最上流に架かっている「円碩橋」

写真は、郡川最上流に架かっている「円碩橋」です。下流側を写したものです。この付近は、かなり透明度もあります。

郡川
郡川

上の写真から少し上流側の川の状態です。比較的穏やかな流れになっています。特に河口付近が美しい川です。

郡川のメヒルギ

川沿いには、メヒルギも自生しています。また、川の中には、野鳥も多くいます。

2014.12.27〜