ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 宮瀬川

水田地帯を流れる川

南種子町茎永を流れている宮瀬川です。河口は前之浜海岸にあります。宮瀬川の全長は、約6キロと推定され、最上流は上里付近です。

宮瀬川の由来は、宮いわゆる神社の前の川ということで名前が付けられたといわれています。

写真でも分かるとおり、宮瀬川の川沿いは水田地帯です。したがって、川の中に水門があり、水害、高潮などを防いでいます。

宮瀬川の河口付近です。手前が海側、先が上流側です。河口は二手に分かれており、右側に岩屋を貫通して水路を作っています。川は自然に岩屋の外周を流れています。

宮瀬川の水神

河口周辺は、侵食された岩肌がたいへん綺麗なところです。また、写真左に水神の神様も祭っています。その石碑が写真のものです。

宮瀬橋のロケット

写真は、県道586号線に架かっている宮瀬橋です。その橋の欄干付近には、ロケットの形をしたものが設置されています。

宮瀬川

写真は、宮瀬橋から上流側を写したものです。右は県道75号線です。

宮瀬川
宮瀬川

河口から約1キロ上流に月見橋が架かっています。その橋から上流側を写したものです。宮瀬川は、三つに分流しており、左は松原、雨田方面へ、真中は雨田、菅原、新上里方面へ、右は中之町、宇都浦方面に上流があります。

なお、昔、月見橋の上から月見をしていたといわれており、それが橋の名前になっています。

宮瀬川

新上里県道75号線に架かっている橋の上から上流側を写したものです。この辺は、かなり川幅も狭くなっています。

2014.12.26〜