ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 島間川

アーチ状の島間大橋のある川

島間漁港近くが河口の島間川です。島間川の全長は約7キロと推定されます。

島間、中之上を流れ、最上流は第一長谷付近にあります。川沿いは、水田、雑木林、果樹園、杉林などです。

また、初夏になると上流にかけてダクマ捕りが盛んになってきます。第一長谷の少し手前で二つに分流しています。

写真は、島間川の河口付近です。橋が見えていますが島間橋で県道588号線に架かっています。その橋の上流側は水田地帯になっています。

付近から海岸までは潮が引くと、遠浅になっているので、潮干狩りをしている人も見かけます。

島間大橋

ここは、河口付近から直線距離で、約2キロ地点です。ご覧のようにアーチ状の島間大橋が架かっています。橋の長さは、およそ150メートルです。

橋からの展望は長閑な雰囲気を楽しめます。

島間川の水力発電所跡

写真は、島間大橋の下を流れている島間川です。昭和30年代、かつて島間川には水力発電所がありました。その放水路が今なお残っています。

島間川
島間大橋の下から大橋を写したもの

島間大橋の下から大橋を写したものです。

2014.12.27〜