ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 苦浜川

中種子町で一番長い川

中種子町屋久津にある苦浜川です。河口は東シナ海に面しています。川の全長は、約九キロと推定されます。中種子町で一番長い川で、種子島でも5本の指に入ります。

苦浜川は、輪野尾付近、中田、中野、長谷付近まで及んでいます。また、河口付近には、鶴あるいはサギが棲みついています。

川沿いは、水田、雑木林など上流付近まであります。川は潮が引いた状態で、水位が下がっています。河口付近は、絶えず水位が変化しています。

河口付近の県道588号線に架かっている苦浜川橋です。左が上流側、右が下流です。↑島間、南種子、↓野間市街です。

苦浜橋

河口付近の県道588号線に架かっている苦浜橋です。左が上流側、右が下流です。↑島間、南種子、↓野間市街です。

苦浜川の河口周辺

苦浜橋から上流側を写したものです。河口周辺は、松が生い茂っていますが、ほとんど松くい虫に冒され、立枯れた松が目に付きます。

苦浜川の下流側

写真は、中田原尾線に架かっている上中田橋から下流側を写したものです。この上流にも橋が架かっています。

苦浜川
中種子大橋

苦浜川河口から直線距離で、約2.4キロの位置に中種子大橋が架かっています。中種子大橋の全長は117メートル、川からの高さは約28メートルです。

中種子大橋は、平成元年に完成し、その開通記念碑も設置されています。

広域農道は、中種子町南部の農業団地中央部を南北に縦貫して南種子町の長谷に接続されています。

苦浜川

写真は、中種子大橋から下を流れる苦浜川を写したものです。

2015.1.2〜