オオニワゼキショウ

ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > オオニワゼキショウ

オオニワゼキショウ
【科名】
アヤメ科
【和名・別名】
大庭石菖
【撮影日時】
2006年5月2日/10時37分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町茎永仲之町、西之表市現和田之脇
【名前の由来】
***
【コメント】
オオニワゼキショウの原産地は北アメリカといわれており、多年生の帰化植物です。道路沿いや空き地で、オオニワゼキショウが咲きほこっています。薄い瑠璃色が鮮やかです。
ニワゼキショウに比較して、花の径が小さく、1センチ前後です。近くで見ると綺麗な花びらです。茎永の水田の土手沿いで見かけたものです。
オオニワゼキショウの果実 オオニワゼキショウの刮ハです。ニワゼキショウに比べてやや大きくなります。更に熟すと、割れて種が落下していきます。<--- 2011年5月4日/12時14分
2013.12.15〜