1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. ハマゴウ
【科名】
クマツヅラ科
【和名・別名】
別名/ハマハイ、ハマボウ Vitex rotundifolia
【撮影日時】
2016年7月2日(土)/10時29分〜10時47分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉漁港付近海岸、野木海岸
【名前の由来】
***
【コメント】
種子島の各地の海岸で咲いているハマゴウです。薄紫色の鮮やかな花びらで、夏の海岸線を彩ってくれます。
海岸の砂地や岩の隙間などに生えています。厳しい環境の中、すごい生命力を持っています。
【注意】草花のコーナーで紹介しています。
ハマゴウ

ハマゴウの花期は、7〜9月と言われています。種子島は暖地なので、6月には花を咲かせています。海岸の陸寄りで大きく根を張り群生しています。

ハマゴウ花・茎・葉

海に向かって、つるは伸びていきます。そして、先端部に花を咲かせるのです。ハマゴウの葉は、谷折りみたいに内側にそり返ります。

ハマゴウ群生

場所によっては、隙間もないほど密に花を咲かせています。

ハマゴウ花序・枝

地面を這うように茎を伸ばし、よく枝を立ち上げてその先端部に総状花序をつけ、紫色の花を密につけます。

ハマゴウ花・果実

8月を過ぎると、次第に果実をつけてきます。この頃になると、ハマゴウの花や果実を同時に観察できます。やがて、冬には黒くなっていきます。【平成23年10月27日撮影】

ハマゴウの花序、枝・茎

葉には、細かい毛が蜜に生えており、特に裏面では灰白色になります。

海岸でのハマゴウの群生画像

ハマゴウは、海岸の土手付近で群生しているのです。

2013.12.15〜