1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. ヒルガオ
【科名】
ヒルガオ科
【和名・別名】
昼顔 Calystegia japonica
【撮影日時】
2006年7月31日/13時30分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎市道沿い
【名前の由来】
昼間花が咲くことによります。
【コメント】
ヒルガオは、夏の草花として親しまれています。日当たりのいい場所に咲いています。
花びらは海岸線に咲いているハマヒルガオによく似ていますが、葉の形が違うので見分けがつきます。白地に薄いピンク色がたいへん素敵です。
夕方になると花びらが萎んできます。
ヒルガオ

ヒルガオの開花時期は、6〜8月です。通常、日当たりのよい、少し湿り気のある場所に生えるつる性の多年草です。

ヒルガオ花冠

茎の葉腋から花柄を出して、その先端部に淡いピンク色の花を1個つけます。【平成23年7月16日撮影】

ヒルガオ花・葉

午前中に撮影していますが、まだ花が萎んだものがあります。【平成23年7月16日撮影】

ヒルガオ花・葉

花冠は、直径5センチほどの漏斗形です。その基部には萼片があります。その下に花柄があります。【平成23年7月16日撮影】

ヒルガオ花・葉

葉は互生し、長さは5〜10センチの矢尻形です。やや黄色みがかった葉です。【平成23年7月16日撮影】

2013.12.15〜