ヒルガオ

ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 7月の草花 > ヒルガオ

花を咲かせたヒルガオ
【科名】
ヒルガオ科
【和名・別名】
昼顔
【撮影日時】
2006年7月30日/13時30分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎市道沿い
【写真情報】
画像サイズ[@56.3KB、A20.5KB、B20.8KB]、カメラ[@CANON IXY 700、ABNikon D300]
【名前の由来】
***
【コメント】
ヒルガオは、夏の草花として親しまれています。日当たりのいい場所に咲いています。花びらは海岸線に咲いているハマヒルガオによく似ていますが、葉の形が違うので見分けがつきます。白地に薄いピンク色がたいへん素敵です。夕方になると花びらが萎んできます。
ヒルガオの花びら ヒルガオは、なかなか見る機会がない草花です。種子島では限られた場所じゃないと見れません。全般的にまばらに咲いているので、絵になるような写材がありません。<--- 2011年7月2日(土)/9時58分写す... at D300
今年は、通年に比較して、かなり繁殖はしています。しかし、花びらを密に咲かせていないのです。あいにくの悪天候により、花も萎んだままになっています。<--- 2011年7月2日(土)/10時04分写す... at D300 ヒルガオの花
2013.12.15〜