ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > ホウロクイチゴ

【 草花の諸データ 】

【科名】
バラ科
【和名・別名】
焙烙苺
【撮影日時】
2015年5月6日/11時48〜57分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田十三番、七番、国上浦田湾
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

ホウロクイチゴは、林道でよく見かけます。初春に白い花を咲かせ、初夏に熟してきます。茎や葉にトゲがあり、見栄えはたいへん悪いのですが、熟したイチゴはとても美味しいのが特徴です。

また、熟した実にはすこしヒゲがあります。 茎に鋭いとげがたくさんついていますので、近づく場合は、特に注意が必要です。

ホウロクイチゴは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。3月ごろから4月にかけて新芽が出てきます。

ホウロクイチゴの若葉

ホウロクイチゴの若葉です。これから急速に成長し、大きな群れを成します。ホウロクイチゴの葉は、形が整っており、縁起物として正月用の盛り葉として利用されることもあります。

ホウロクイチゴの紅色の葉

ホウロクイチゴの花期は、3〜4月です。春に白い花を咲かせますが、次第に花びらは枯れ落ちて、額付近が赤茶色に変色してきます。

ホウロクイチゴの若葉

ホウロクイチゴの葉は、変化に富んでいます。写真のものは葉全体が紅色になっています。

沿岸沿いのホウロクイチゴ

種子島では、沿岸沿いにも群生していることがあります。3月には新芽が伸びてきます。【2012年3月23日撮影】

ホウロクイチゴ
ホウロクイチゴの熟した果実

5月の下旬ごろになると、果実が熟してきます。この頃最も美味しいホウロクイチゴです。【2008年5月31日撮影】

ホウロクイチゴの大群生

林の縁沿いで大群生することもあります。トゲがあるので、近づく場合は注意が必要です。

2013.12.15〜