1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. ケハギ
【科名】
マメ科
【和名・別名】
宮城野萩 Lespedeza thunbergii
【撮影日時】
2016年9月30日(金)/10時02分〜10時04分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関又延道沿い、古田番屋峯市道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ケハギは、日当たりのよい道路沿いでよく見かけます。背丈は、1メートル50センチ程度です。
ヤマハギと良く似ていますが、一般的に枝がしだれているので、見分けがつくといわれています。
紫と白の色合いが鮮やかで素敵です。種子島でも県道、林道、市道沿いで、車窓からも観察できます。
ケハギ

ケハギの花期は、8〜10月です。里山の道沿いで、多くの花をつけ、枝垂れている様子は、見事なものです。

ケハギ白い花

枝分かれした先端部に多くの花をつけます。葉は、互生し、3出羽状複葉です。

ケハギ

葉は、楕円形で、先が丸いのが特徴です。花は、葉腋から花柄を伸ばして総状花序に。そして、直径1.5センチの紫紅色の蝶形の花をつけます。

ケハギの群生

茎はよく分枝し、枝垂れます。その風情が素晴らしいです。小葉は長楕円形で、先が尖るもの、尖らないものもあります。【平成20年9月13日撮影】

ケハギ開花前のつぼみ

道沿いで、枝垂れ咲いてる様子は、その美しさに思いを寄せてしまいます。

なお、ケハギは、園芸品種のミヤギノハギの母種とされています。【平成20年9月13日撮影】

※ 2020年9月16〜23日(水)、西之表市十三番鞍勇線沿い、野間十三番西之表線沿いで取材した秋のころ葉腋に短い総状花序を出し、紫紅色の蝶形の花を多数咲かせたケハギの開花風景を紹介しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
ケハギ 秋のころ葉腋に総状花序を出し紫紅色の蝶形花を多数咲かせた開花風景〜種子島の自然

2013.12.18〜