1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. コバノランタナ
【科名】
クマツヅラ科
【和名・別名】
別名/モンテビデンシス、Lantana montevidensis
【撮影日時】
2015年11月20日(金)/12時49分〜12時57分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町星原砂中
【名前の由来】
通常のランタナに比べて、葉が小さく這えるように伸びることからつけられています。
【コメント】
ランタナの原産国は、熱帯アメリカといわれています。種類も数多く、品種改良も盛んに行われています。通常のランタナに比較して、背丈が30センチ以下の低木です。
花は、通常のランタナと同じように咲いています。種子島空港の西側県道583号線沿いで見かけたものです。
【注意】コバノランタナは、花木のコーナーで紹介するのが本当ですが、草花として掲載しています。
コバノランタナ

通常、茅やススキなどほかの植物に混ざって生えています。開花時期は、5〜11月です。

花を3個つけたコバノランタナ

葉は、2〜3センチの長楕円形で先端部は少しとがっています。

開花しているコバノランタナ

花の大きさは、直径約1センチの薄い紅色です。花序は、約3センチです。樹高は、30〜40センチです。

花を2個つけたコバノランタナ

地面を這うように生えています。葉は年間通じて落下することはなく常緑の低木です。

花を11個つけたコバノランタナ

コバノランタナは、つる性ですので、通常、傾斜して生えています。【平成20年11月20日撮影】

2013.12.17〜